ペコちゃん盗まれた!!その捜査とは?

注意:2007年1月に某所にて当園のペコちゃんがやや元気なく(!)暮らしていることが判明いたしました。
大勢のお客様に励ましとご心配のお声をかけていただきまいしたこと、簡略ながら御礼申し上げます。
ありがとうございました!!
ペコちゃんの顛末はこのまま掲載しておきます~。
北田園の看板娘として長年ご愛顧されていたペコちゃんが8月13日(2000年)に盗まれたことが判明。
すでに警察には被害届を出してあります。

あのペコちゃん15年ほど前、不二家レストラン小手指店(いまはなくなっている)でアルバイトをしていた近所の高校生がもらってきたものです
顎が半月型に大きく割れていたので、たぶん新品に交代するための処分品でした。

その後しばらくその高校生の家の物置に置いてあったのですが、その物置を解体するときに一緒に解体されてはかわいそうなので解体寸前に私が救出したものでした(もらってきた)。

北田園に来るお客さんは、子供から大人まで喜んでいただき、記念撮影をしていく方もいらっしゃいました。
不二家さんから何か言われると面倒なのでHPなどでは公開していませんでしたが、家の道路を利用されている方なら、お店の前で愛嬌を振りまいていたので、お気づきの方も多かったと思います。

北田園のペコちゃんの特徴

キズ 頭部の一番下、右顎(たしか)のところがこぶし大に割れていました。
頭部の後ろ正面、髪の毛の先が2,3センチ割れていました。
足下のピンクの靴は簡単には落ちない汚れが目立っていました。

失踪当時の服装 白地に赤の水玉シャツ、赤いエプロンをしていました。

ペコの捜査経緯報告へ

© 1970-2017 観光 北田園