現代種まき事情

北田園では出荷するほどの野菜は作っていませんので、ほんの少し家庭で食べる程度の野菜は従来の種まきのやりかたをしていました。しかし最新の種まき技術は面白いので、ここでご紹介します。

従来は種を手でまいていました。

その後、簡易な手押しの種まき機械が使われていました。

手まきや手押し機械の種まきの効率をよくする為に、種に衣をつけて太らせ、落ちる種子を減らして間引きの労力を軽減させるようになりました。(コート種子)

最近、10年位前から種子を水に溶けるフィルムに入れ込んだ シーダーテープ が広く使われています。これにより、機械化も容易になり、等間隔に必要最低限の種子が簡単でしかも正確に地面にまかれています。

実は私もこれはほんとに最近知ったんです!(お恥ずかしい)消費者の方はまず、知らないでしょうね。

© 1970-2017 観光 北田園